FBグループ Davinci Resolve Users Group Japan 開設

以前対談した、ターミガンデザインズ 高信さんが主導でFacebookグループ DaVinci Resolve Users Group Japan (DRUG-J) が開設されています。 DaVinci Resolve User Group Japanは日本語でのコミュニケーションを基本としたユーザーグループです。ユーザー間の有益な情報の交換を主としております。 アクティブなユーザーで参加ご希望の方はご連絡下さい。 投稿閲覧にはFacebookのアカウントが必要になります。   Davinci Resolve Users Group Japan(DRUG-J)   以前の対談記事です。 対談: DaVinci Resolve 8 マニュアル日本語翻訳者 高信氏      

対談: DaVinci Resolve 8 マニュアル日本語翻訳者 高信氏

DaVinci Resolve 8.1 のマニュアルの日本語版がlindocで無償公開されています。   DaVinci Resolve 8.1 日本語マニュアル | Lindoc (閲覧には登録が必要です。)   今回、技術交流会繋がりで白組の鈴木氏のご紹介により、翻訳者のターミガンデザインズ 高信 行秀さんと お話しする機会を設けて頂きました。同席者はインターセプターの田巻さんです。いろいろとお伺いました。(敬称は略させて頂きます。)   対談   一同:はじめまして、よろしくお願いします。   鈴木:元々、自分達も去年の7月の技術交流会で「ファイルベースになって問題があるよね」ってことで集まったのがきっかけで、まだ会って1年くらいなんですよ。   高信:へぇー   鈴木:なんかずっと前から話してるような雰囲気もある READ MORE

グレーディングとフィルムプロセス

Blackmagic Design DaVinci Resolve および DaVinci Resolve Lite 9のパブリックベータ版がリリースされました。   DaVinci Resolveはデジタル現像処理とカラーコレクションを同時に行うことが可能です。カラーグレーディングにはフィルムプロセスの理解が重要です。   フィルムの現像プロセス フィルムで写真(ムービー)を撮影した事がある方は分かると思いますが、撮影後フィルムは現像所(ラボ)に出し現像します。現像所でどのような工程があるのか、フィルムの現像プロセスについて見てみます。   フィルムの構造 まずフィルムについて知る必要があります。フィルムはベース(ポリエステルなど)の上に感光剤(乳剤:エマルジョン)が何層にも塗られています。感光剤に銀が使用されている事からフィルムが銀塩と呼ばれています。この READ MORE