映像制作とファイルシステム

よく映像でHDDのファイルシステムは何にしたら良いかと聞かれます。一般的に制作環境がMacの場合『MacOS拡張(ジャーナリング)HFS+』で、Windowsの場合『FAT32、NTFSもしくはExFAT』です。環境がが混在していなければそれほど問題がないのですが、現実そうはいきません。 HFS+ HFS+は大容量のファイルに対応可能で、約 8 EB までのボリューム、ファイルサイズに対応します。(OSX10.4以降)ですが、Windows側で読み込み書き込みが出来ません。Windowsで読み込む場合、別途Windows側のソフトウェアが必要です。 Paragon HFS+ for Window READ MORE