映像技術フォーラム

登録 / ログイン
投稿とトピックを作成するには、ログインする必要があります。

DaVinci Resolve 15.1 アップデート

DaVinci Resolve 15.1は、Blackmagic DesignのサポートWebサイトから既存のユーザーの無料アップグレードとして入手できます。
https://www.blackmagicdesign.com/jp/support/family/davinci-resolve-and-fusion

DaVinci Resolve 15.1の新機能

主な新機能

  • Blackmagic DesignカメラのBlackmagic RAWクリップのデコードのサポート
  • フェアライトページのトラックダイナミクスのサイドチェーン圧縮を使用したオーディオダッキングのサポート
  • Fairlightのタイムラインからサードパーティのオーディオ処理アプリケーションへのラウンドトリップオーディオクリップのサポート
  • Netflix IMF デリベラブルを生成するためのIMFプリセットのサポート
  • サプリメンタルIMFパッケージの作成と提供のサポート
  • IMFパッケージのフォトン検証のサポート

 

フェアライト

  • トラックダイナミクスのサイドチェーン圧縮を使用したオーディオダッキングのサポート
  • Fairlightのタイムラインからサードパーティのオーディオ処理アプリケーションへのラウンドトリップオーディオクリップのサポート
  • FairlightFXおよびAudioFXでのクリップのキャッシュをサポート
  • FairlightFXおよびAudioFXで新しいレイヤーにクリップをバウンスする機能
  • ネストされたタイムラインでのサブバスおよびAUXバスルーティングのサポート
  • Cmd / Ctrl + Option / AltでFairlightミキサーのソロボタンをクリックして、オーディオトラックのソロセーフをサポート
  • オーディオトラックに属性を貼り付け
  • オーディオトラックからの属性の削除
  • Fairlight FX Soft Clipperのサポート
  • 編集およびフェアライトのページインスペクタでのクリップレベルのパンのサポート

 

Fusion

  • メディアプールからの新しいFusionコンポジションの作成とオープンのサポート
  • 編集ページのFusionコンポジションジェネレータをサポート
  • Fusionノードグラフでのローダーノードのサポート
  • フレーム範囲スライダを編集範囲に自動的に拡大縮小する機能をサポート

 

編集

  • タイムラインビューアのオーディオおよびビデオトラックのソースタイムコードオーバーレイの表示
  • 再生ヘッドの下に選択したクリップマーカーのクリップマーカー注釈とオーバーレイを表示する機能
  • Shiftを押しながら、タイトルの変更やトランスフォーム、ダイナミックズームをビューアのオーバーレイで垂直または水平方向に動きを制限する機能
  • 共同プロジェクトでの利用可能なFusion Compとカラーグレーディングのクリップのインジケータのサポート
  • 共同プロジェクトでFusion Compとカラーグレーディングの1つのクリップまたはすべてのクリップの更新アクションをサポート
  • メディアプール内の複数の選択されたタイムラインの複製のサポート
  • タイムライン、ソースビューア、カラーページのクリップ情報にマルチアングルの名前を表示する機能
  • クリップとタイムラインマーカーのキーワードをサポート
  • 編集インデックスのマーカーキーワード列
  • プロジェクトアーカイブ内の字幕ファイルのエクスポート
  • クリップを使用してタイムラインを作成するときに、メディアプールクリップをファイル名順に挿入する機能
  • Final Cut Pro 7のXMLからメディアをインポートする際のサブクリップのインポート
  • クリップ全体ではなく再生ヘッドからクリップを前方にフリーズさせるフリーズフレームの動作の改善

 

カラー

  • キーフレームのコンテキストメニューからResolveFXおよびOpenFXの固定キーフレームをサポート
  • ACES 1.1のサポート
  • OpenFXノードの複数の入力からのアクセスと選択をサポート
  • ホワイトバランスをカスタムで手動で設定する必要なく、Camera Rawウィジェットで色温度と色合いの値を変更可能
  • ResolveFX Warperプラグインの動作の改善

 

メディアとデリバー

  • Blackmagic DesignカメラのBlackmagic RAWクリップのデコードのサポート
  • Netflix IMF デリベラブルを生成するためのIMFプリセットのサポート
  • サプリメンタルIMFパッケージの作成と提供のサポート
  • IMFパッケージのフォトン検証のサポート
  • 立体3DマルチビューEXRファイルのサポート
  • グラスバレーHQおよびHQXクリップのフレームごとのタイムコードメタデータのエンコードをサポート
  • FusionでPSDイメージを読み込む際のレイヤメタデータサポートの改善

 

一般

  • 大規模なタイムラインでのズームアウト状態での再生パフォーマンスの向上
  • Fusionページでのパフォーマンスとインタラクティブ性の向上
  • エフェクトライブラリで使用できる一部のタイトルテンプレートのパフォーマンスが向上
  • メディアプール内のビンを切り替えるときのサムネイルの読み込み速度の向上
  • Fusion compsのインポートとエクスポート機能によるスクリプトサポートの改善
  • クローンツール操作によるMD5メディアハッシュリストの自動生成をサポート
  • マーカー名やマーカー記号による検索がサムネイル表示で機能しない問題を解決
  • マルチマルチアングルの切り替えによってサムネイルが更新されない問題を解決
  • 一部の編集操作でフレーム境界外に配置されたビデオトランジションが発生する問題を修正
  • 字幕のストロークをオフにした時に正しく動作しない問題を解決
  • 編集タイムラインのオーディオトラックの最小の高さが正しく設定されない問題を修正
  • 重複するキャプションを含む字幕ファイルを正しく読み込ない問題を解決
  • トランジション付きのクリップの上に複合クリップを合成すると正しく動作しない問題を解決
  • 編集タイムラインをパンする途中でクリップが選択されない場合がある問題を修正
  • テキスト+クリップのサムネイルがメディアとしてオフラインで表示されることがある問題を解決
  • パワービンにテキスト+ツールを追加するとクラッシュすることがある問題を解決
  • パワービンでFusion Compを選択するとクラッシュする問題を解決
  • マクロエディタでFusionマクロを開いたり保存したりするとクラッシュすることがある問題を解決
  • Fusionページ上のEXRクリップのチャネルマッピングの変更がアプリケーションの再起動によって永続化されない問題が修正
  • sRGBガンマスペースのMediaInツールのカーブを削除するとクラッシュすることがある問題を解決
  • SVGファイルのインポートがユーザ指定の入力解像度と異なる問題を解決
  • マルチチャネルEXRファイルがFusionビューアに読み込まれたときにチャネルの選択が不正なラベルを表示する問題を修正
  • パーティクルを追加するとアプリケーションがハングアップする問題を解決
  • Fusionページのマスクツールのモーションブラーを有効にすると正しく動作しない問題を解決
  • Fusionビューアで異なる解像度のマットマスクの位置を変更すると、結果が正しく表示されない場合がある問題を解決
  • 自動化されたFairlightFXコントロールの一部が自動化ステータスを正しく反映しない問題を解決
  • Fairlightタイムラインの長いクリップを貼り付けるとタイムラインが変わることがあった問題を解決
  • タイムラインを切り替えるときに、バスフォーマットダイアログが間違ったメインバスフォーマットを表示する問題を解決
  • リンクされたオーディオトラックへのオーディオプラグインの追加が間違っている問題を解決
  • レンダリングのためにリンクされたオーディオトラックを選択すると、間違ったフォーマットが表示される問題を解決
  • リンクされたトラックへのオーディオの録音がグループ内の最初のトラックにのみ記録されるという問題を解決
  • リンクされたトラックグループのリンクを解除するとブームの設定が保持されない問題を解決
  • 一部のオーディオトランジションのサイズ変更が適切に機能しない問題を解決
  • 古いプロジェクトを開くときにADR録画が表示されない問題を解決
  • 特定のサンプルレートのオーディオファイルを再生するとアーティファクトが発生する問題を解決
  • ロックされた再生ヘッドモードのFairlightタイムラインのスクロールバーをドラッグすると、再生が停止する問題を解決
  • プリフェーダーオプションを使用しているときにauxバスセンドのミュート設定が無効になる問題を解決
  • パッチを当てていないときにオーディオトラックが自動的に解除されない問題を解決
  • フェアライトページに切り替えると時折可聴ポップが発生する問題を解決
  • CameraRAWパレットのスライダを調整すると、スムーズにビューアが更新されないという問題を修正
  • レイヤーミキサーノードのコンポジットモードをプレビューするとクラッシュすることがある問題を解決
  • バックアップとライブセーブが有効なハンドルを持つクリップを表示するとクラッシュする可能性がある問題を解決
  • unmixモードとループ再生状態がアプリケーションの再起動によって永続化されない問題を解決
  • DaVinci Resolve AdvancedパネルのClip、Timeline、Unmixをトグルするとクラッシュする問題を解決
  • DaVinci Resolve AdvancedパネルがCentOS 7.3システムで複数のログインで動作しない問題を解決
  • unmixモードが有効になっている場合、グループに波及するグレードが機能しない問題が修正
  • ステレオスコピック3Dクリップでクリップ属性のフリップを実行すると、パワーウィンドウが正しく動作しなくなる問題が修正
  • OFXプラグインを適用したクリップのリモートグレーディングがクラッシュすることがある問題を解決
  • 共有ノードを持つタイムラインを複製すると共有ノードが正しくコピーされない問題を解決
  • Dolby VisionのトーンマッピングでレンダリングされたQuicktimeファイルが正しくない色空間とガンマタグを持つ問題を解決
  • Resolveが一部のAACオーディオクリップを解読できなかった問題を解決
  • レンダリングされた5.1および7.1リニアPCMオーディオが正しいチャンネルマッピングメタデータを持たない場合の問題を解決
  • DaVinci Resolveの古いバージョンからの一部のプロジェクトをインポートするとクラッシュする可能性がある問題を解決
  • Project Managerのフォルダ内のプロジェクトをスクリプトAPIを使用してロードできなかった問題を解決
  • 一般的なパフォーマンスと安定性の向上

 

インストール前の注意

easyDCPフォーマットのデコードとエンコーディングのサポートは現在Linuxでは利用できません

サイドチェインを使用したオーディオダッキングの実行
DaVinci Resolveは、Fairlightページのダイナミクス効果でサイドチェーンを使用して自動オーディオダッキングをサポートするようになりました。

オーディオを強調または優先する複数トラックのトラックダイナミクス圧縮セクションで、 "センド"を有効にします。 次に、圧縮またはダックしたいすべてのトラックで、圧縮と「リッスン」を有効にします。 スレッショルドとレシオを圧縮設定で調整して、信号の圧縮量を変更できます。

外部オーディオプロセス
DaVinci Resolveはタイムライン上のクリップをオーディオ処理のために外部アプリケーションに送るラウンドトリップ機構をサポートしました。 外部オーディオプロセスによって作成され更新されたファイルは自動的に新しいレイヤーとしてタイムラインに追加されます。

外部オーディオプロセスは、「システム環境設定」の「オーディオプラグイン」セクションで追加および管理できます。 ラウンドトリッププロセスは、タイムライン上のクリップコンテキストメニューからトリガすることができます。

サプリメンタルIMFパッケージの生成
DaVinci Resolve Studioは、ResolveのKakaduベースのJ2Kデコーダとエンコーダを使用する際、IMF用のサプリメンタルパッケージの生成をサポートするようになりました。 この機能を有効にするには、システム環境設定の「コンフィグレーション」タブでeasyDCPデコーダーオプションを無効にする必要があります。

メディアプール内のIMFコンポジションを使用すると、クリップのコンテキストメニューの「コンポジションプレイリストを使用して新しいタイムラインを作成する」を選択して、新しいタイムラインを作成できます。 IMFパッケージに関連するDolby Visionメタデータがある場合、作成ダイアログのオプションを使用して適用できます。

IMFタイムラインのどの部分も、メディアプールからのソースクリップに置き換えることができます。 タイムラインクリップのコンテキストメニューには、サプリメンタルパッケージの置換クリップを含まないためのオプションがあります。 オリジナルまたは更新されたDolby Vision分析とトリムメタデータのどちらかを選択するための追加のコンテキストメニューオプションがあります

デリバーページでは、新しいクリップとDolby Visionメタデータを使用して補足IMFを生成するために、[補足パッケージ]オプションを有効にすることができます。

IMFパッケージでのフォトン検証の実行
DaVinci Resolve Studioは、フォトンを使用してIMFパッケージの検証をサポートするようになりました。 この機能を有効にするには、Javaランタイム環境(JRE)をマシンにインストールする必要があります。

フォトンの検証は、メディアプール内のIMFパッケージを右クリックし、 "フォトンバリデーションの実行"を選択することで実行できます。 さらに、Deliverページの高度なビデオ設定にチェックボックスがあり、IMFパッケージのレンダリング後にフォトンの検証を実行します。

トラックダイナミクスのサイドチェーン圧縮を使用したオーディオダッキングのサポート

基になるトラックを「センド」して、圧縮する方「リッスン」にするとサイドチェインが有効になります。