映像技術フォーラム

登録 / ログイン
投稿とトピックを作成するには、ログインする必要があります。

DaVinci Resolve 15パブリックベータ5アップデートの新機能

DaVinci Resolveのパブリックベータ5がBMDサポートWebサイトから無償アップグレードとして入手できるようになりました。

https://www.blackmagicdesign.com/jp/support/family/davinci-resolve-and-fusion

Studio版は、既存のDaVinci Resolve StudioまたはFusion StudioドングルまたはDaVinci Resolveアクティベーションキーで動作します。

以前のベータ版を使用して自動診断ログを提出しフィードバックを提供してくださった皆様に感謝いたします。これは継続的な安定性と開発に非常に役立ちます。 引き続きv15ベータサブフォーラムのリポジトリ、システム情報、診断ログのバグを報告し、バグがある場合は、フォーラムに新しいスレッドを投稿する前に使用している特定のベータ版の同様の問題を確認してください。

DaVinci Resolve 15 Betaフォーラム(英語)

v15beta 4からアップグレードする場合、データベースの変更はありませんが、プロジェクトDBのバックアップは賢明な方法です。

v12、v12.5、v14、またはv15のベータ版からアップデートする場合、このリリースに必要なデータベースアップデートがあり、データベースをバックアップしてから、そのバックアップをインポートしてステータスを確認してください。元のデータベースのコピーとして保存することができますので、コピーをアップグレードして、v14.3を再インストールする場合は元のままにしておくことができます。また、アクティブなプロジェクトのdrpエクスポートも行うことをお勧めします。

最初にアプリケーションを起動するときにDaVinci Resolve 15 Public Betaをインストールすると、データベースの更新を促すメッセージが表示され、バックアップからリストアしたものを選択することをお勧めします。

macOS Sierra 10.12より前のMacで、DaVinci Resolve v12.5以前のバージョンを使用している場合は、古いOSでの古いデータベースのアップグレードに関する末尾の詳細を参照してください。

このリリースの主な機能

  • FusionページにOpenFXプラグインの初期サポートが追加
  • アルファチャンネルを持つEXRクリップをエンコードするサポートの追加
  • Canon RAWクリップの色合い、色温度、露出コントロールのサポートを追加
  • プロジェクトのバックアップを実行時の進捗ダイアログのサポートを追加
  • 編集、フェアライト、カラーページのビューアにFusion エフェクト、カラー変更、またはその両方をバイパスする機能が追加
  • タイムラインギャラリークリップからグレードを適用するためのサポートを追加
  • カラーページにFusionコンポジションのクリップのクリップフィルタのサポートが追加
  • DaVinci Resolve Studioの新しいDCTL ResolveFXプラグインを介してアクセス可能なユーザパラメータ付きDaVinci CTLのサポートを追加
  • プロジェクト設定でDaVinci CTLを入出力LUTとして使用するためのサポートが追加
  • MXA OP1aクリップでCEA-708クローズドキャプションをエンコードするためのサポートが追加
  • Dolby Vision v4.0 XMLのエクスポートに対するサポートの追加
  • トランスペアレンシーで画像を合成するときの結果が改善
  • 新しいAPIとドキュメントを使用したスクリプティングのサポートの改善

このリリースで対応した問題

メディア

  • WindowsでAC3オーディオクリップをデコードする際に問題を解決
  • オーディオクリップのメディア管理が正しく機能しない問題を解決
  • 自動同期オーディオが断続的に動作しない問題を解決
  • プロジェクト設定でLUTリストを更新するときに、Red IPP2ガモットマッピングの問題を修正
  • EXRファイル内の一部のレイヤが正しく読み取れなかった問題を修正
  • DWAA圧縮を使用した複数のレイヤーを持つEXRファイルのデコードに関する問題を解決
  • 特定の8ビットのルミナンスのみの画像ファイルをデコードする際に問題を解決

編集

  • 「停止して最終位置に移動」を有効にしてダイナミックトリムを実行すると、編集操作が元に戻る問題を解決
  • 編集タイムラインのクリップレベルを変更するときに波形が更新されない問題を修正
  • XMLのインポートでインポートログの要約が自動的に表示されない問題が修正
  • 編集タイムラインのテキスト+タイトルを編集またはトリムすると、メディアのオフラインエラーが表示されることがあった問題を解決
  • 積み重ねられたタイムライン上のレイヤーでオーディオクリップをドラッグすると、動作が不一致になる問題を修正
  • OpenFXジェネレータおよびトランジションのインスペクタコントロールを再構成または削除できる問題を解決
  • 再生中に編集ページをズームすると、クリップのサムネイルを間違ってリフレッシュすることがある問題を解決
  • 編集タイムライン上のオーディオビデオオフセットでコピーしたクリップを貼り付けると、オフセットを尊重しない問題を解決
  • 編集ページでオーディオクリップをダイナミックにトリミングするときの問題を解決
  • クリップピッチ効果の変更が持続しないことがある問題を解決
  • オーディオ再生が最初の再生フレームをスキップすることがある問題を解決

Fusion

  • Renderer3Dノードを追加し、Fusionページの出力チャネルをベクトルに設定するとハングアップする問題を修正
  • バックグラウンドツールのイメージサイズの変更がFusionページで尊重されないという問題を解決
  • トラッカーノードを追加し、Fusionページでコンプを再生すると、アプリケーションがフリーズすることがある問題を解決
  • 編集ページビューアとFusionビューアでエクスプレッションを含むコンプをプレビューすると一貫性がなくなる問題が修正
  • タイムラインのクリップがFusionページの元の解像度で表示されない問題を解決
  • Fusionページで自動プロキシを有効にするとクラッシュすることがある問題を解決
  • FusionページでEXRファイルのメタデータが利用できない問題を解決
  • Blackmagic Designのキャプチャ/再生デバイスを使用して、8ビットおよび12ビットのビデオ出力でFusionページをモニタリングする際の問題を解決

カラー

  • 異なるマシンの異なるメディア格納場所を持つ共有ギャラリーパスを使用すると、まれに黒のプレビューが表示されることがある問題を解決
  • ResolveFX Warperでワープポイントが画像境界外に配置されたときの問題を解決
  • ACESプロジェクトでLUTまたはDCTLが適用されたクリップがちらつきを生じることがある問題を解決
  • 特定のスケーリングサイズ変更モードのクリップにフェイスリファインメントが正しく適用されない問題が修正
  • 特定の編集スケーリングリサイズモードのクリップのウィンドウビューポイントがカラーページビューアで正しく表示されない問題を解決
  • フュージョンエフェクト付きクリップの[カラー]ページのマットのアルファ表示に関する問題を解決
  • 長い名前のLUTがLUTブラウザで切り捨てられて表示される問題を解決

フェアライト

  • Blackmagic Designのモニタリングデバイスで監視する際に、システムオーディオが正しく聞こえない問題を解決
  • レンダリングされたクリップが空のオーディオのチャンネルを持つことがある問題を解決
  • 「新しいレイヤーにバウンスする」が、フェードが適用されたクリップを間違ってレンダリングすることがあった問題を解決
  • オーディオクリップのサブクリップエクステントを変更するとフェアライトページに不正な波形が表示される問題を解決
  • フェアライトページで選択したオーディオトラックの外にオートメーションキーフレームを描画できる問題を解決
  • 開始タイムコードを変更してもFairlightタイムラインが正しくリフレッシュされない問題を修正
  • Fairlightページのクロスフェードを貼ったクリップをトリミングするとクラッシュすることがある問題を解決

一般

  • エクスポートアルファオプションが有効になっているときに複合クリップが有効なアルファチャンネルでレンダリングされない問題を解決
  • レガシーMacハードウェアの起動時にDaVinci Resolveがクラッシュする問題を解決
  • セキュアブートを有効にしたWindowsマシンでDaVinci Resolve MicroおよびMiniパネルが動作しない問題を解決
  • プロジェクト設定のLUTリストを更新してもLUTブラウザがリフレッシュされない問題が修正
  • プロジェクトの読み込みや切り替え時に、一部のプロジェクト設定が誤って初期化されることがあった問題を解決
  • 一般的なパフォーマンスと安定性の向上

古いMacOS用にPostgreSQLデータベースサーバをアップグレードする。

DaVinci Resolve 12.5.2まで、MacインストーラはPostgreSQLバージョン8.4.2とともに出荷されていました。 macOS Sierra 10.12以降、PostgreSQLバージョン8.4はサポートされなくなりました。 最新のOSにアップグレードする場合は、macOSをアップグレードする前に、PostgreSQLデータベースサーバをバージョン9.5.4にアップグレードする必要があります。 PostgreSQLのインストールがアップグレードされ、データが移植されたら、macOSのアップグレードを続行できます。

 

Mac上でのPostgreSQLバージョンのアップグレードを簡単にするためのアプリを提供しています。 アプリケーションと指示は、/ Library / Application Support / Blackmagic Design / DaVinci Resolve / Upgrade PostgreSQLフォルダにあります。

DaVinci Resolve 12.5.3以降、新しいインストールにはPostgreSQLバージョン9.5.4が含まれます。