MotionWorks.jp | EDIT / VFX / Grading

アーカイブ 月: 12月 2014

Avid Media Composer v8.3の新機能

Avid Media Composer 8.3がリリースされました。 このアップデートはHD解像度以上のシーケンスがサポートされるなど、大幅な機能拡張になります。 注:ソフトウェアV8.3ではライセンスの管理に新しい方法が導入されています。ソフトウェアライセンスではMyAvidアカウントを訪問し再アクティベーションが必要で、ドングルの場合はドングルのアップデートが必要です。フローティングライセンス…
Read more

Autodesk Flame Family 2015 Extension 3の新機能

先日Extension 2の新機能をアップしましたが、早くも Extension 3がリリースされています。この機能拡張リリースではHP Z840がサポートに追加され、SDIインタフェースとREDとARRIRAWコーデックのサポートがアップデートされます。 新しいハードウェア構成 ・エクステンションではHP Z840ワークステーションがサポートされ、DKU9.5.1が必要です。 ・NVIDIAのS…
Read more

Flame Premium 2015 Extension 2の新機能

IBCで発表されたAutodesk Flame Premium 2015 Extension 2では大幅な機能強化とパフォーマンスの向上など様々な改良がなされています。 Linux版 Flame Assist Flame AssistがLinuxプラットフォーム上で利用可能になりました。 OSX版 Flare Autodesk FlareがOSXプラットフォーム上で利用可能になりました。SDIプレ…
Read more

映像匠塾~零~ Step3「キーイング トラッキング VFXの基礎」リポート

11月29日(土)に東京工芸大学 中野校舎で開催された、イマジカデジタルスケープ主催 映像匠塾~零~ Step3に行って来ました。 今回は「キーイング トラッキング VFXの基礎」のお話です。 まず東京工芸大学 木戸先生により、開催場所である中野キャンパスの4Kシアターの概要説明がありました。東京工芸大学の4Kシアターではデジタルシネマサーバー(DoremiおよびClipster)とBarcoの4…
Read more

LTOによるコールドアーカイブの必要性

撮影したデータをLTOに保存する意味があるのかと聞かれることがあります。物理的問題でHDDは衝撃に弱く、テープは安全ということはよく言われますが、保存状態やメディアを移動する手段によっては同様に危険を伴います。今回は物理的な問題ではなく中身の問題です。 メディアのバックアップ 撮影されたメディアはオリジナルから完全に同一であることを確認した上(ハッシュチェック後)、編集処理される前に確実にLTOに…
Read more

【FCP X】Final Cut Pro X 10.1.4 アップデート

プロビデオフォーマット 2.0アップデートでMXFファイルをネイティブで読み込み、編集、書き出しが可能になりました。さらにAVC-Intra の MXF ファイルの書き出し、Panasonic の AVC-LongG メディアの読み込みおよび編集がサポートされています。以前は他社製品(Hanburg Pro Mediaのプラグイン)を使用してMXFを読み込む形式でしたが、OSネイティブで対応したよ…
Read more