Autodesk Smoke ワークショップに参加しました。

2012年8月29日 晴海アイランドトリトンスクエア オートデスク株式会社 本社 デモルームでAutodesk Smoke ワークショップが行われました。     毎月1回、Autodeskでは映像編集の基本からカラコレ、エフェクトまでを学ぶセミナーが開催されています。今回は今までの通常のトレーニングとは異なり、実機を持ち込んだハンズオン形式のセミナーとして開催されました。9月も同様のセミナーがハンズオン形式で行われるようです。   Autodesk Smokeワークショップ   実際に受けた感想としては、基礎的項目が多かったのですが実際に触りながら学ぶの READ MORE

Smoke Learning Channel プレリリーストライアル3ビデオ 公開

YoutubeのSmoke Learning ChannelでAutodesk Smoke 2013 プレリリーストライアル3の6つのビデオが新しく公開されています。   新しいコンフォーム ワークフロー ・The Conform Workflow     ・Relative Path Conforming     ・The Conform Challenge     新しいタイムラインの検索 ・Searching the Sequence     Create ConnectFXの機能 ・The Conn READ MORE

Autodesk Smoke 2013 プレリリーストライアル3プロジェクトの移行

Autodesk Smoke 2013 プレリリーストライアル3では、Autodesk Smoke 2013 プレリリーストライアル2で作成したプロジェクトを再利用することができます。Autodesk Areaフォーラムでプロジェクトを移行するスクリプトが用意されています。   Area :: Discussions|upgrading-smoke-2013-pre-release-trial-2-projects-to-pre-release-trial-3   サイトに添付されたアプリを解凍し、アプリケーションフォルダにコピーし実行します。   このアプリは自動 READ MORE

Autodesk Smoke 2013 プレリリーストライアル3がリリース

Autodesk Smoke 2013 プレリリーストライアル3がリリースされています。   Autodesk Smoke 2013 プレリリーストライアル2のプロジェクトをプレリリーストライアル3のプロジェクトに変換することができます。変換するための詳細な手順については http://area.autodesk.com/forum/autodesk-smoke/smoke-2013/ を訪問し指示に従ってください。プレリリーストライアル3をインストールする前にプレリリーストライアル2をアンインストールすることをお勧めします。   Smoke 2013 Trial – Fre READ MORE

フィルムの危機:東京国立近代美術館フィルムセンター相模原分館見学会

もしかしたら、懐かしいあの作品はもう観ることができないかもしれません…。 フィルムはナマモノです。きちんとした状態で管理保存しないと次第に劣化していきます。もう時間との勝負です。   FacebookグループのVFX-JAPAN主催で、東京国立近代美術館フィルムセンター相模原分館見学会が行われました。東京国立近代美術館フィルムセンターは国内のフィルム作品を保管する国内唯一のフィルムアーカイブの設備です。     アーカイブってなに? 最近よくアーカイブという言葉を耳にすると思います。アーカイブとバックアップって何が違うの?と思うかもしれません。バックアップは複製物で READ MORE

株式会社ポリゴン・ピクチュアズにてAutodesk Smoke for Mac OS X セミナーが開催

このところ、Autodesk Smokeのセミナーが目白押しです。実際の事例が提供される非常に珍しい機会ですので必見です!   2012年8月30日に株式会社ポリゴン・ピクチュアズにてAutodesk Smoke for Mac OS X セミナーが開催されます。対象者は映像業界のプロとしてのキャリアのある方です。   『Transformers Prime』での Smoke 導入事例では、どのような経緯で『Transformers Prime』にSmoke が導入されたか、制作現場でどの様に活用されているかが紹介されます。   Smoke2012とFBX を利用し READ MORE

【FCP X】AVCHDネイティブとMountain Lion

  先日Panasonic GH2をテストをしました。GH2はAVCHD記録可能なマイクロフォーサーズカメラです。GH3の噂もちらほらありますが、今回raitankさんのGH2 Hackに感化され44Mbit化ハックしてみました。ディテールがかなり良く、圧縮ノイズも気になりません。これはすばらしい!それに合わせMountain LionでのAVCHDのFCPXでの使用法をレポートします。   raitank blog|GH2ハックの方法と手順   Mountain LionでのAVCHDの動作   MacOSXが10.8 Mountain Lionになり、 READ MORE

株式会社アスク Canon Logで撮影するCM実践セミナー開催

Canon Logで撮影するCM制作実践セミナーのリポートはこちらをクリック!     2012年8月31日に富士ソフト アキバプラザでCanon Logで撮影するCM実践セミナーが行われ、本日20日から受付が開始されています。費用は無料です。(事前登録が必要です。)   主催は株式会社アスク、共催がキヤノンマーケティングジャパン株式会社、オートデスク株式会社、AJA Video Systems Inc.、企画がStudioHelp株式会社です。   このイベントでは実際にEOS C300を使いCanon Logでの実践的なワークフローが紹介され、Auto READ MORE

第4回 映像・技術交流会が開催されました。

8/3に映像・技術交流会が行われ、業界から撮影、編集、システムなど多方面にわたる17人の方々が集まりご参加頂きました。   交流会では、ここ1年での技術的進化や4Kの課題と問題点、情報の公開と共有化などのディスカッションが行われ、主な内容は…   既存メディア以外での映像利用 今までは主に映画、テレビ、パッケージなどでしか映像が利用されませんでしたが、ARやサイネージ、ストリーミングなど既存メディア以外での映像利用が多くされるようになりました。撮影を縦で行う事も多くなり、その場合、編集はどうするのか、スチルとムービーの解像度の違いなど技術的問題点が話し合われました。 &nbs READ MORE

対談: DaVinci Resolve 8 マニュアル日本語翻訳者 高信氏

DaVinci Resolve 8.1 のマニュアルの日本語版がlindocで無償公開されています。   DaVinci Resolve 8.1 日本語マニュアル | Lindoc (閲覧には登録が必要です。)   今回、技術交流会繋がりで白組の鈴木氏のご紹介により、翻訳者のターミガンデザインズ 高信 行秀さんと お話しする機会を設けて頂きました。同席者はインターセプターの田巻さんです。いろいろとお伺いました。(敬称は略させて頂きます。)     対談   一同:はじめまして、よろしくお願いします。   鈴木:元々、自分達も去年の7月の技術交流会で「ファイルベースになって問題があるよね READ MORE

グレーディングとフィルムプロセス

グレーディングとフィルムプロセス Blackmagic Design DaVinci Resolve および DaVinci Resolve Lite 9のパブリックベータ版がリリースされました。   DaVinci Resolveはデジタル現像処理とカラーコレクションを同時に行うことが可能です。カラーグレーディングにはフィルムプロセスの理解が重要です。       フィルムの現像プロセス フィルムで写真(ムービー)を撮影した事がある方は分かると思いますが、撮影後フィルムは現像所(ラボ)に出し現像します。現像所でどのような工程があるのか、フィルムの現像プロセスについて見てみま READ MORE