DaVinci Resolve 16 新機能 エディットページ ラウドネスを使った音声のノーマライズ

DaVinci Resolve 16 新機能 エディットページ ラウドネスを使った音声のノーマライズ エディットページのオーディオ再生が大幅に改善。ラウドネスを使った音声のノーマライズが選択できるようになり、テープスタイルのオーディオスクラブになりました。 DaVinci Reaolve 16の情報をマガジンで公開中!     ラウドネスを使った音声のノーマライズ オーディオレベルのノーマライズコマンドで、ノーマライズの方法を選択できるようになりました。 ラウドネスを使ったノーマライズでは、日本のラウドネス運用基準のTR-B32を含む国際規格のラウドネスから選択できます。 ク READ MORE

DaVinci Resolve 16 新機能 エディットページ 編集操作の改善

DaVinci Resolve 16 新機能 エディットページ 編集操作の改善 編集の操作に関するいくつかの機能が改善されています。 DaVinci Reaolve 16の情報をマガジンで公開中!     イン点/アウト点へ移動する動作の改善 3点編集で、設定していないポイントへの移動で「プレビューマーク」を表示せずに移動できます。 3点編集とは、ソースかタイムラインでイン/アウト点を設定して、もう片方でイン/アウト点のいずれか一つを指定して行う編集方法です。     今までは設定していないポイント移動するには「プレビューマーク」を表示して自動計算された点 READ MORE

DaVinci Resolve 16 新機能 エディットページ ビューアの改善

DaVinci Resolve 16 新機能 エディットページ ビューアの改善 エディットページのビューアの機能がいくつか改善されています。 DaVinci Reaolve 16の情報をマガジンで公開中!     再生速度インジケーター トランスポートコントロールやJKLキーで操作した時にリアルタイム以上の速度で再生すると、ビューアのフレーム数表示の横にスピードが表示されます。     トリムオーバーレイサイズの改善 トリミングでは2画面や4画面の表示になりますが、ビューアのズームレベルに関係なく、常にタイムラインビューアのフルサイズで表示します。 &nb READ MORE

DaVinci Resolve 16 新機能 エディットページ オーディオ波形表示のオプション

DaVinci Resolve 16 新機能 エディットページ オーディオ波形表示のオプション タイムライン表示オプションにオーディオ波形に関するオプションが追加されました。 DaVinci Reaolve 16の情報をマガジンで公開中!     オーディオ波形表示のオプション 編集ツールバーの「タイムライン表示オプション」メニューにオーディオ波形の見た目を制御する3つの新しい設定が追加されました。     非整流波形:通常はトラックの下から上に描画される波形ですが、中央から伸びる波形に切り替えできます。  フル波形:ファイル名を表示する部分を非表示にし、 READ MORE

DaVinci Resolve 16 新機能 エディットページ オフライン参照クリップの割り当て

DaVinci Resolve 16 新機能 エディットページ オフライン参照クリップの割り当て 「オフライン参照クリップ」を使うとエディットページやカラーページでタイムラインと比較できます。 DaVinci Reaolve 16の情報をマガジンで公開中!     オフライン参照クリップの割り当て 「オフライン参照クリップ」を使うとエディットページやカラーページでタイムラインと比較できます。 DaVinci Resolve 16では「オフライン参照クリップ」として適用する新しい方法が加わりました。 以前はメディアページのメディアストレージブラウザでファイルをインポート前に適用 READ MORE

DaVinci Resolve 16 新機能 エディットページ カスタムタイムラインの設定

DaVinci Resolve 16 新機能 エディットページ カスタムタイムラインの設定 DaVinci Resolve 16ではカスタムタイムラインの設定でタイムラインを作成できます。素材を読み込んだ後でもプロジェクト設定のフレームレートと異なるタイムラインを作成できます。 DaVinci Reaolve 16の情報をマガジンで公開中!   カスタムタイムライン設定 新規タイムラインを作るときに、プロジェクト設定を基にするかカスタム設定を使いタイムライン毎に異なる設定を選択できます。 カスタム設定は、「新規タイムライン」の左下にある「カスタム設定を使用」ボタンをクリック。 &nbs READ MORE

DaVinci Resolve 16 新機能 顔検出で人物キーワードを生成

DaVinci Resolve 16 新機能 顔検出で人物キーワードを生成 DaVinci ニューラルエンジンを使い人物を認識して自動的に分類します。抽出された人物はメタデータに登録して自動作成されたスマートビンで見つけることができます。 DaVinci Reaolve 16の情報をマガジンで公開中!   顔検出機能を使う まず、メディアプール内の複数のクリップを選択して右クリックで「人物でクリップを分析」(Analyze Clips for People)を選択します。     分類にしばらく時間がかかり、進捗ダイアログが表示されます。     READ MORE

DaVinci Resolve 16 新機能 スマートビンの自動作成機能

DaVinci Resolve 16 新機能 スマートビンの自動作成機能 スマートビンはユーザーが選択した情報からデータを抽出してビンを作る機能です。Ver 16ではこの機能が大きく改善。必要なデータから自動的にビンを作成します。 DaVinci Reaolve 16の情報をマガジンで公開中!     スマートビンの自動作成 例えば、撮影時や撮影後にシーンやショットのメタデータを入力していれば自動的にビンを作成。 以下のメタデータで自動的にビンを作成します。 クリップキーワード マーカーキーワード 人物キーワード(人物検出で追加) シーンメタデータ ショットメタデータ 「環境 READ MORE

DaVinci Resolve 16 新機能 一般 メディアプールの改善

DaVinci Resolve 16 新機能 一般 メディアプールの改善 DaVinci Resolve 16では様々な機能が追加、改善されています。このページは一般的なメディアプールの改善項目です。 DaVinci Reaolve 16の情報をマガジンで公開中!     EXIFメタデータのインポート デジタル写真に埋め込まれたEXIFメタデータを利用可能な場合はインポートできます。   「クリップ属性」の画像反転 「クリップ属性」にビデオの向きを設定する2つのボタンが追加されました。     クリップの使用状況を自動的に更新 メディアプールの READ MORE

DaVinci Resolve 16 新機能 一般 カラーマネジメントの改善

DaVinci Resolve 16 新機能 一般 カラーマネジメントの改善 DaVinci Resolve 16ではカラーマネジメントの改善点がいくつかあります。 項目です。 DaVinci Reaolve 16の情報をマガジンで公開中!     Canon C700のACESのサポート ACESワークフローでCanon C700 IDTをサポート。   アストロデザインALogのサポート RCMでアストロデザインカメラ ALog OETFをサポート。   RCMでSDRからHDRへの変換時に203 Nitをサポート BT.2100の推奨では、SDRコン READ MORE

DaVinci Resolve 16 新機能 一般 サポートフォーマットの改善

DaVinci Resolve 16 新機能 一般 サポートフォーマットの改善 DaVinci Resolve 16では様々なサポートフォーマットが追加され機能が改善されています。 DaVinci Reaolve 16の情報をマガジンで公開中!     エンコーディングパフォーマンスの向上 エンコード時のパフォーマンスが向上しています。 すべてのAVIフォーマット macOSでのH.264とH.265 GrassValley AVI CineForm   サポートフォーマットの改善 新しいメディアフォーマットがサポートされています。   新しいデコード i READ MORE

DaVinci Resolve 16 新機能 一般 コラボレーションワークフローの改善

DaVinci Resolve 16 新機能 一般 コラボレーション機能の改善 コラボレーション機能はStudio版のみ使用できます。Ver 16ではいくつかの機能が追加/改善されています。 DaVinci Reaolve 16の情報をマガジンで公開中!     レンダーキャッシュのサポート 共同作業で、自分のマシンで個別にレンダーキャッシュを設定して好きなフォーマットでキャッシュできます。   個別のモニタリング 共同作業で、プロジェクトの出力とモニタリングを独自に設定できます。     「プロジェクト設定」>「ビデオモニタリング」の「ロ READ MORE

DaVinci Resolve 16 新機能 一般 インターフェースの改善

DaVinci Resolve 16 新機能 一般 インターフェース DaVinci Resolve 16では様々な機能が追加、改善されています。このページは一般的なインターフェースの改善項目です。 DaVinci Reaolve 16の情報をマガジンで公開中!     ページナビゲーションやページを隠す機能 「ワークスペース」> 「ページナビゲーションの表示」でページバーを隠す事ができます。     ページを隠してもショートカットや「ワークスペース」> 「ページに切り替え」で移動可能です。 ページボタンのみを非表示にもできます。 「ワークスペ READ MORE

DaVinci Resolve 16 カットページ インターフェース

カットページ インターフェース DaVinci Resolve 16で新しく追加されたカットページは編集キーボードを使い素早く操作。 ニュースや短編プロジェクトだけでなく、編集してすぐにアップロードするYouTuber、VLogロガー、ビデオグラファーや動画編集初心者にも最適。 インターフェースは簡素化され、1画面で必要な操作が行えるようにレイアウトされています。 専用のキーボードが無くてもスクロールホイールで快適にタイムラインを操作できます。 カットページの詳しい解説はこちら。     CUTページのインターフェース CUTページは3つのパートに分かれます。 左上に「メディ READ MORE