MotionWorks.jp| モーションワークス | Edit / VFX / Grading の情報サイト

Tag Archive: Flame

Autodesk FlameとShotgunの連携

最近よく聞くShotgunですが…Flameなどのフィニッシング製品とのインテグレーションも行われており、Shotgunデスクトップから直接Flame Premium、Flame、Flare、Flame Assistなどが起動できます。 Shotgunって何? Shotgunはプロジェクトのトラッキング、レビュー、アセットマネージメント、VFXのためのツールセットなどセットにしたウェブサイトがベースのプロジェクト管理ツールです。 FlameとShotgunを組み合わせることで、ショットの管理とレビューを迅速に行うことができるようになります。 レビューと承認の重要性 編集者は編集やコンポジット作…
Read more

【NAB 2016】Autodesk Flame 2017リリース

NAB 2016にてAutodesk Flame ファミリー(Flame Premium、Flame、Lustre、Flare、Flame Assist)の2017のリリースが発表されました。 Flame Unleashed 2015年IBCで発表されたサブスクリプションベースの新しいAutodesk Flame ファミリーでターンキーシステムからソフトウェアベースの販売に変わり、Flame、Lustreはそれぞれ単独でソフトウェアライセンス契約が可能となりました。FlareやFlame AssistはFlameのライセンスを所有していなくても契約でき、FlameはLinux版だけではなくOS…
Read more

Flame Premium 2016 セントラルインストール

セントラルインストール セントラルインストールでは、中央のファイルシステム上にアプリケーションをインストールします。クライアントコンピュータは、ローカルにインストールされたかのようにアプリケーションを実行することができます。アップグレードの完全な移行に比べ、プロジェクトごとに行うことができることが利点です。 互換性の問題に対するリスクを最小限に抑えます。また、ユーザーが同じアプリケーションのさまざまなバージョンを切り替え、プロダクションを中断するリスクなくベー​​タ版ソフトウェアプログラムへの参加を可能にします。 概説 ネットワーク接続されたファイルサーバーまたはデータドライブにアプリケーショ…
Read more

Flame Premium 2016 Extension 2の新機能

新しいFlameファミリーのアップデート オートデスクは次の変更を発表しました。 Autodesk Flame ファミリーは以前より導入しやすくなっています。 * Flameファミリーソフトウェアを入手する方法として、新しいデスクトップ・サブスクリプションプランがあります。 * FlareとFlame Assist はスタンドアロン製品として購入できるようになりました。 * ハードウェアを自身で購入することができます。 * FlameはFlame AssistとFlareと同様にLinuxまたはMac OS Xシステムで利用できます。 * 詳しくはhttp://area.autodesk.jp…
Read more

Flame Premium 2016 Extension 1の新機能

アプリケーションインストールの新機能 セントラルインストール セントラルインストールは複数のバージョンのFlameファミリーアプリケーションを単一のリポジトリでホストすることができるオプションのインストール方法です。このリポジトリは完全なシステム、ファイルサーバ、または互換性のあるデータドライブを格納することができます。プロセスが完了すると、ユーザーは任意の互換性のあるマシン上にインストールしたホストからリモートで直接Flameファミリーのアプリケーションを選択し起動できます。 プロジェクト管理の新機能 重要な構成の変更 重要:次のパラメータでデフォルト値を使用している場合に影響があります。こ…
Read more

Autodesk Flame 2016 トレーニングエディションのインストール

Autodesk Flame 2016 トレーニングエディションがリリースされています。このトレーニングエディションはFlameアーティストやフリーランサーが新機能と最新のワークフローを学習するためのリソースで、すでにあるハードウェアを利用し、無償でソフトウェアをダウンロードして使用することができます。 AREA | Autodesk Flame New Features インストール作業は自己責任で行ってください。この記事は独自に検証を行った結果であり、本サイト及びAutodekは一切責任を負いません。詳しくはInstallation Guideをお読みください。 Linux Flameのイ…
Read more

Share the Flame Experience vol.1 開催

Autodesk Flameのユーザーイベントが開催されます。 お知らせをする前にすでに満席なのですが… 2015 年 7 月 16 日(木)に「Share the Flame Experience vol.1」と題して、Autodesk Flame User Group JAPANのイベントが開催されます。世界各地にFlameのユーザーグループがあるのですが、まだ日本ではそのような団体がないため、以前から自分が主催しているFacebookグループ「Flame Smoke User Group JAPAN」に白羽の矢が立ちました! Share the Flame Experience vol.…
Read more

Autodesk Flame Family 2015 Extension 3の新機能

先日Extension 2の新機能をアップしましたが、早くも Extension 3がリリースされています。この機能拡張リリースではHP Z840がサポートに追加され、SDIインタフェースとREDとARRIRAWコーデックのサポートがアップデートされます。 新しいハードウェア構成 ・エクステンションではHP Z840ワークステーションがサポートされ、DKU9.5.1が必要です。 ・NVIDIAのSDIドーターボードを取り除き、AJAビデオIOカードでリアルタイムデリベラブル(RTD)でのSDIプレビューが可能になります。 注:HP Z840はNVIDIAのSDIドーターボードをサポートせず、プ…
Read more

Flame Premium 2015 Extension 2の新機能

IBCで発表されたAutodesk Flame Premium 2015 Extension 2では大幅な機能強化とパフォーマンスの向上など様々な改良がなされています。 Linux版 Flame Assist Flame AssistがLinuxプラットフォーム上で利用可能になりました。 OSX版 Flare Autodesk FlareがOSXプラットフォーム上で利用可能になりました。SDIプレビュー機能がFlare(LinuxとOSX)で利用可能です。 Linux版のSDIプレビュー機能 LinuxのバージョンでSDIプレビュー機能を使用するには以下の条件が必要です。 ・AJAグラフィック…
Read more

【IBC 2013】Autodesk Flame Premium 2014 の新機能

AutodeskはIBC 2013にてFlame Premium 2014を発表し、2013年9月13日より発売を開始しました。 Flame Premium 2014は Flame Premium 2013 20th Anniversaryをもとに、編集ツールセットAutodesk Smoke AdvancedソフトウェアとAutodesk Lustreのリアルタイムカラーグレーディングの機能を統合した製品です。 Flame Premium 2014ではサブスクリプションメンバーのみ利用可能なFlame Premium 2013 20th Anniversary Editionのエクステンショ…
Read more

FBグループ Autodesk Flame Smoke User Group JAPAN 開設

非公認ですが、FBグループ Autodesk Flame Smoke User Group JAPANを開設しました。 メーカー側の情報発信とは別に、ユーザー同士の情報交換の場所の必要性を感じ開設しました。Flame Smokeを問わず、ユーザー同士の情報交換の場として利用して頂ければと思います。 Flame Smokeでこんな作品を作った!とか、この機能ってどう使うの?と疑問に思う部分を質問してみたり。他のソフトウェアとの連携を考えたり…。 ユーザーグループとしてツールを使う側の視点ですが、これらのツールを使うことで新しい映像表現の幅を広げたいと考えている方も利用頂ければと思います。 FBグ…
Read more

Autodesk Smoke 2013 ラウンチセミナー レポート1

  2013年1月18日、富士ソフト アキバプラザ、アキバホールにてAutodesk Smoke2013 ラウンチセミナーが開催されました。   「小規模プロダクションにおける、新しい Smoke によるフィニッシング環境」のユーザー事例の進行を務めさせて頂きました。小規模プロダクションでいかに効果的にSmokeを使っていくかという提案です。   Khaki 水野 正毅氏と DEFENSE 格内俊輔氏の事例を紹介しています。Flameユーザーから見たSmoke2013の魅力を語って頂きました。   格内氏の所属するDEFENSEではSmokeカフェの様な…
Read more