MotionWorks.jp| モーションワークス | Edit / VFX / Grading の情報サイト

Avid

Avid Media Composer v 8.5の新機能

Avid Media Composerとの連携! Blackmagic Fusion Edit Connection 8.0の記事はこちら。 Avid Media Composer v 8.4の新機能はこちら。 Avid Media Composer v 8.3の新機能はこちら。 メニューの再構成 アプリケーションのメニュー項目が再編成されました。一部のメニュー項目は関連性のあるグループに移動されています。例えば、ビンのメニュー項目は、現在のビンの設定に関連する項目を含み、クリップメニュー項目には現在のビンで選択したオブジェクトを操作する項目を含みます。また、新しいタイムラインメニューは、タイ…
Read more

【コンフォームの重要性】Davinci ResolveでのALEの挙動について

映像制作では長尺になるほど多くの人が携わり、様々なアプリケーションが使用されます。一つのアプリケーションで完結する場合はそれほど気にする必要はありませんが、共同作業ではコンフォームを意識する必要があります。 コンフォームとは、仮編集された内容を元にオリジナルのソースに関連付けて再編集を行う作業の事です。いわゆるオフラインの後のオンライン編集作業で、データが重くなり高解像度になるほどコンフォームの重要性が増してきます。 ALEとは Avid Log Exchangeの略でいわゆるショットリストです。、シンプルなタブ区切りのテキストデータで構成されたメ タデータの交換フォーマットで、古くはフィルム…
Read more

Avid Media Composer v 8.4の新機能

Avid Media Composer v 8.5の新機能はこちら Avid Media Composer v8.4がリリースされました。 ライセンスとアクティベーション 有効なライセンスがある場合、Avid マスターアカウントにログインしダウンロードすることができます。新しいバージョンのAvid Media Composerの起動は、このソフトウェアのバージョンがリリースされた日のアップグレードとサポートプランのステータスに依存します。このリリースにアップグレードする前に、Avid Media Composerのライセンスに関するページをお読みください。 Avid Licensing Avi…
Read more

Avid Media Composer v8.3の新機能

Avid Media Composer 8.3がリリースされました。 このアップデートはHD解像度以上のシーケンスがサポートされるなど、大幅な機能拡張になります。 注:ソフトウェアV8.3ではライセンスの管理に新しい方法が導入されています。ソフトウェアライセンスではMyAvidアカウントを訪問し再アクティベーションが必要で、ドングルの場合はドングルのアップデートが必要です。フローティングライセンスサーバの場合は、アップグレードとサポート状況がMyAvidアカウントに表示されません。詳しくは販売代理店までご連絡ください。 Media Composer | Software Support Con…
Read more

NAB 2013 : AVID 新製品情報

『Avid Everywhere』が提唱され、Interplay Sphereを中心としたオーディオ、ビデオ編集、コンテンツ配信、OAグラフィックス、アセット管理などの最新ソリューションを発表し、分散型のチームで、いかなる場所でも作業可能な制作環境の構築を提案しています。 Avid Media Composer 7発表 2013年4月7日、NAB 2013にてAvid Media Composer 7が発表されました。2013年6月27日よりAvid販売代理店およびオンラインAvid Storeにて$999 USDで発売予定です。(Interplayエディションは$1499 USDで販売。) …
Read more

AVID Media Composer 6.5 新機能

AVID Media Composer 6.5、Symphony 6.5 News Cutter6.5がリリースされました。AVID Media Composer 6.5の新機能です。 オーディオ・キーフレーミング オーディオ・キーフレームが強化されています。タイムライン上のどこでもコピーペーストや移動が可能になりました。オートメーションパンまたはゲインのキーフレームのいずれかをコピーすることもできます。   キーフレームの作成 1.トラックコントロールパネルを開きます。     2.トラックコントロールパネルのクリップ ボリューム/パンボタンをクリックしボリュー…
Read more

IBC 2012 AVID新製品情報

Media Composer 6.5、Symphony 6.5、NewsCutter 10.5の最新リリースを発表 Avid メディアオーサリング機能   Avid メディアオーサリング機能を使用することにより、プロフェクトのマスタリング作業やアーカイブ処理を効率的に行うことが可能になります。 AMA(Avid Media Access)の新コンポーネントであるAvid メディアオーサリング機能は、AS-02フォーマット対応し、さらに、JPEG 2000コーデックにネイティブ対応したことにより、シーケンスをパッケージ化して簡単にバージョン管理とアーカイブ処理ができます。Active …
Read more

AVID DS 11 リリース

Avidは同社のDSソフトウェアをアップグレードしています。新しいバージョンではレンダリングと書き出しの時間短縮がされています。新しく追加されたファイルフォーマットとハードウェアのサポート、16チャンネルのエンベデッド·オーディオ、およびAVIDアーティスト·カラーとアーティスト·トランスポートのコントロールサーフェースの統合が含まれています。   Avid DS11ではトランスコードステップを排除し、XDCAMに採用されているようなlong-GOP MXF ファイルフォーマットと、DNxHDの444メディアのリアルタイム編集を新たにサポートしています。また、Open EXR と T…
Read more

AVID DNxHD MXF によるワークフロー

AVID DNxHD MXFをFinalCutProで利用する。 HyperDeck Shuttle、StudioではAVID DNxHD MXFでの収録が可能になりました。また、Arri AlexaでもSXSによるDNxHD MXFの収録が可能になります。 Blackmagic Design HyperDeck Studio 詳細レビュー QuickTimeラッパーのDNxHDはAVIDが提供するコーデックを利用することで、通常のQuickTime互換アプリケーションでそのまま読み込むことが出来ます。 Avid QuickTime Codecs LE 2.3.4 のダウンロード (MC5.5…
Read more

Blackmagic Design HyperDeck Studio 詳細レビュー

  これは素晴らしい一台です。 テーブデッキに変わる新しい可能性を秘めています。 HyperDeck StudioはSSDを使用した10bitの非圧縮およびDNxHD(MXF)でのレコーディングが収録可能な放送用デッキです。アンパッキングから実際の使用までレビューします。   ? アンパッキング!   8万円を切っています!ブルーレイディスクレコーダーを買うような値段で非圧縮ビデオレコーダーが買えるなんて夢のような話じゃありませんか!十数年前にAccomのWSDに1枚1枚NTSCのビデオデータを書き込んでいた時代に比べれば限りなく未来です!   1Uのラ…
Read more

AVIDが Media Composer v.6.0 を発表。

2011年11月3日 AVIDはMedia ComposerおよびSymphony 6, NewsCutter10を発表しています。 64ビットネイティブ: Media Composer 6は64ビットネイティブで動作します。十分なパフォーマンスを得るためにOSも64ビットである必要があります。 Open I/O: 今回のバージョンアップの最大のニュースはOpen I/Oアーキテクチャです。今までAVID の一番の制限は、AVIDブランドのI/Oに依存しているため高価なハードウェアが必要でした。5.5バージョンで一部モニタリングとI/Oがオープンになりました。 今回のOpen I/O ではサー…
Read more

FCP、AVID MCユーザーはAdobe CS5.5 Production Premium、Premiere Pro CS5.5が50%オフに!

Final cut pro X の評価が別れる中、Adobeがついに攻勢に転じるみたいです。!? Final Cut ProかMedia Composerオーナー向けのCS5.5 Production PremiumかPremiere Pro CS5.5が50%オフになるSWITCHプログラムを2011年9月30日まで行うようです。 英語での情報なので、日本での詳細はわかりません。 詳細はこちらに (Adobe 英語)