MotionWorks.jp| モーションワークス | Edit / VFX / Grading の情報サイト

Author Archive: ishicaw

Flame Premium 2016 Extension 1の新機能

アプリケーションインストールの新機能 セントラルインストール セントラルインストールは複数のバージョンのFlameファミリーアプリケーションを単一のリポジトリでホストすることができるオプションのインストール方法です。このリポジトリは完全なシステム、ファイルサーバ、または互換性のあるデータドライブを格納することができます。プロセスが完了すると、ユーザーは任意の互換性のあるマシン上にインストールしたホストからリモートで直接Flameファミリーのアプリケーションを選択し起動できます。 プロジェクト管理の新機能 重要な構成の変更 重要:次のパラメータでデフォルト値を使用している場合に影響があります。こ…
Read more

【コンフォームの重要性】Davinci ResolveでのALEの挙動について

映像制作では長尺になるほど多くの人が携わり、様々なアプリケーションが使用されます。一つのアプリケーションで完結する場合はそれほど気にする必要はありませんが、共同作業ではコンフォームを意識する必要があります。 コンフォームとは、仮編集された内容を元にオリジナルのソースに関連付けて再編集を行う作業の事です。いわゆるオフラインの後のオンライン編集作業で、データが重くなり高解像度になるほどコンフォームの重要性が増してきます。 ALEとは Avid Log Exchangeの略でいわゆるショットリストです。、シンプルなタブ区切りのテキストデータで構成されたメ タデータの交換フォーマットで、古くはフィルム…
Read more

After Creative Cloud 2015 ビデオ製品 アップデート提供開始

After Creative Cloud 2015 ビデオ製品 アップデート After Effects CC 2015 (13.5.1)、Premiere Pro CC 2015 (9.0.1)、Adobe Media Encoder CC 2015 (9.0.1) SpeedGrade CC バージョン (2015.0.1) のアップデートが提供されています。 主にバグや不具合の改善で、Creative Cloudデスクトップもしくはアプリケーションのヘルプ>アップデートからインストールできます。 アップデート項目については【 Focus In Blog 】をご参照ください。 Pre…
Read more

DaVinci Resolve 12 パブリックベータの新機能

NAB 2016で発表されたDaVinci Resolve 12.5 パブリックベータの新機能はこちら。 2015年7月28日 DaVinci Resolve 12及びDaVinci Resolve 12 Studio ベータ1がリリースされました。 DaVinci Resolveの名称変更 以前のバージョンでは無償版が「DaVinci Resolve Lite」、有償版が「DaVinci Resolve」という名称でしたが、12からは無償版が「DaVinci Resolve 12」、有償版が「DaVinci Resolve Studio 12」に変更されています。DaVinci Resolv…
Read more

Autodesk Flame 2016 トレーニングエディションのインストール

Autodesk Flame 2016 トレーニングエディションがリリースされています。このトレーニングエディションはFlameアーティストやフリーランサーが新機能と最新のワークフローを学習するためのリソースで、すでにあるハードウェアを利用し、無償でソフトウェアをダウンロードして使用することができます。 AREA | Autodesk Flame New Features インストール作業は自己責任で行ってください。この記事は独自に検証を行った結果であり、本サイト及びAutodekは一切責任を負いません。詳しくはInstallation Guideをお読みください。 Linux Flameのイ…
Read more

Share the Flame Experience vol.1 開催

Autodesk Flameのユーザーイベントが開催されます。 お知らせをする前にすでに満席なのですが… 2015 年 7 月 16 日(木)に「Share the Flame Experience vol.1」と題して、Autodesk Flame User Group JAPANのイベントが開催されます。世界各地にFlameのユーザーグループがあるのですが、まだ日本ではそのような団体がないため、以前から自分が主催しているFacebookグループ「Flame Smoke User Group JAPAN」に白羽の矢が立ちました! Share the Flame Experience vol.…
Read more

Avid Media Composer v 8.4の新機能

Avid Media Composer v 8.5の新機能はこちら Avid Media Composer v8.4がリリースされました。 ライセンスとアクティベーション 有効なライセンスがある場合、Avid マスターアカウントにログインしダウンロードすることができます。新しいバージョンのAvid Media Composerの起動は、このソフトウェアのバージョンがリリースされた日のアップグレードとサポートプランのステータスに依存します。このリリースにアップグレードする前に、Avid Media Composerのライセンスに関するページをお読みください。 Avid Licensing Avi…
Read more

Autodesk Smoke 2016の新機能

2015年6月11日にAutodesk Smoke 2016がリリースされました。 Autodesk Smokeのパッケージ版の販売はは2015バージョンで終了しており、デスクトップサブスクリプションとして月単位もしくは年単位で契約し、オートデスクアカウントからダウンロードし使用することができます。合わせて体験版も2016バージョンに刷新されています。 Smoke 2016 体験版(英語サイト) 動作環境はこちら。 Autodesk Smoke 2016の新機能 このリリースでは、多くの新機能の追加、パフォーマンスとワークフローの強化、およびユーザーのリクエストによる改善が含まれます。 プロ…
Read more

【NAB 2015】Premiere Pro CC次期メジャーアップデート(2015)の新機能

NAB 2015での新機能のウェビナーがアップされています。 NAB 2015: What’s Coming Next to Adobe Pro Video Tools – Adobe Create Now クリエイティブクラウドライブラリでルックのサポート クリエイティブクラウドライブラリで新しくルックがサポートされ、Adobe Premiere Pro、After Effects、およびPremiere Clipで共有することができます。また、Premiere Proで作成されたルックはSpeedGradeで同じようにレンダリングすることができます。 Lumetriカラーパネル…
Read more

【NAB 2015】After Effects CC次期メジャーアップデート(2015)の新機能

2015/4/8 AfterEffects CCの次期メジャーアップデートにおける新機能が発表されました。After Effects CCの更新だけではなく、ビデオおよびオーディオアプリケーションの次期バージョンのアップデート内容が明らかになっています。 Coming Next to Adobe Pro Video Tools After Effects CC次期メジャーアップデート(2015)の新機能 パフォーマンスとインタラクティブ性の向上のためにアーキテクチャを再構築 継続したプレビュー 簡素化され、統一されたカスタマイズ可能なプレビュー クリエイティブクラウドライブラリ フェイストラッ…
Read more

Sony Catalyst Browseの機能紹介

Sony放送業務用機器のソフトウェアのダウンロードが一元化され、Sony Creative Softwareサイトからアクセスできます。有償のソフトウェアはアカウントを登録し購入可能です。 Sony Creative Software

Avid Media Composer v8.3の新機能

Avid Media Composer 8.3がリリースされました。 このアップデートはHD解像度以上のシーケンスがサポートされるなど、大幅な機能拡張になります。 注:ソフトウェアV8.3ではライセンスの管理に新しい方法が導入されています。ソフトウェアライセンスではMyAvidアカウントを訪問し再アクティベーションが必要で、ドングルの場合はドングルのアップデートが必要です。フローティングライセンスサーバの場合は、アップグレードとサポート状況がMyAvidアカウントに表示されません。詳しくは販売代理店までご連絡ください。 Media Composer | Software Support Con…
Read more