MotionWorks.jp| モーションワークス | Edit / VFX / Grading の情報サイト

【IBC 2013】 Adobe SpeedGrade CC 10月アップデートの新機能

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Tumblr

基本的な機能はそれほど変わりませんが、ダイレクトリンクを使用し中間ファイルを書き出す事無くPremiere Proとの連携が行えます。また、Premiere Pro CCと同じファイルフォーマットが扱えるようになるためアプリケーションの使用頻度は今まで以上に増えると思われます。

Adobe Creative Cloud pro video tools | IBC 2013

ダイレクトリンク

最も要求された機能は、Premiere Proとのラウンドトリップワークフローです。ダイレクトリンクを使用すると、SpeedGrade CC内でクリップ、カット、トランジション、トラックの色分けを含むPremiere Pro CCのタイムラインを見る事ができます。SpeedGradeで色補正を適用した後にプロジェクトを保存し再びPremiere Proで開くと色補正が適用されています!

拡張フォーマットのサポート

ダイレクトリンクのもう一つの利点は、SpeedGrade CCにPremiere Pro CCでサポートされているフォーマットを持ってくることができる点です。 Adobe Premiere Proで扱えるほとんど全ての一般的なビデオ、イメージ、またはオーディオ形式に加え、アップデートで追加される、Cinema DNG、Red Epic Dragon (6K)、Sony RAW (F65, F55, F5 FS700)、 Phantom Cine、 パフォーマンスが改善されたCanon 1DCのMJPG、Sony XAVC Long GOP、Panasonic AVC Ultra (Long GOP)、64 bit ProRes デコーディング (Mac OS X 10.8以上), さらに4KまでのXAVCとAVCi200の書き出しがサポートされます。

複数のマスク

単一のルックファイル内に複数のマスクを作成する機能が追加されました。

SpeedLooks

SpeedGrade CCの次のリリースのために特別なSpeedLooksパッケージのライセンスを取得しました。このパッケージには14のカメラパッチセットがあり、同じプロジェクトで別のカメラを使用する際でも素早くカラースペースの調整ができます。2013年10月のリリースではGold、 Noir、 Blue、Neutralの4つのセットが含まれます。

Coming Soon to SpeedGrade CC – Direct Link and more

Speedlooks by LookLabs – the world leaders in color grading & color workflow

 

 

注:Adobe Blogをもとに訳しています。実際の機能には触れていない部分があるのでニュアンスになります。ご了承ください。また、リリース時に実際の日本語名とは異なる場合があります。
 

 

 

関連記事はこちら!:

1 Comment

  1. 石河 慎一 (@ishicaw)

    【ブログ】 【IBC 2013】 Adobe SpeedGrade CC 10月アップデートの新機能 http://t.co/SpUn7fm0sx

コメントを残す