MotionWorks.jp| モーションワークス | Edit / VFX / Grading の情報サイト

【IBC 2013】AJA 新製品情報

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Tumblr

Io 4K テクノロジープレビュー

Thunderbolt 2を搭載した4K/UHDの記録再生可能なポータブルなデバイスが発表されました。新しいMacProが出荷後にリリースされるようです。

Io 4KではThunderbolt 2を搭載し10ビットの品質の4K/UHDとHD/SDのキャプチャーとプレイバックが可能になります。

AJA Video Io 4K Thunderbolt 2を搭載し4K/UHDとHD/SDのキャプチャーとプレイバックが可能に

Io 4Kには以下の機能が搭載予定です。

4つの双方向3G-SDI
既存のサンダーボルトホストとの後方互換
HDMIによる4K/UHDの入出力
SDIとHDMIの同時出力
4KからHDへのリアルタイムダウンコンバージョン
二つのThunderbolt2ポートでストレージやディスプレイなどデイジーチェーン接続可能
SDIの16チャンネルエンベデッドオーディオ
HDMIの16チャンネルエンベデッドオーディオ
DB-25アナログオーディオアウト
バッテリまたはAC使用のためのXLR 12V電源
VTR制御のためのRS422
リファレンス、 LTC入力
ボリューム調整可能なヘッドフォンジャック
などを備えます。

AJA Video Systems社、 Io 4K とThunderbolt™ 2をテクノロジープレビュー – プレスリリース – 最新情報 – AJA日本語ウェブサイト 株式会社アスク

Io 4K – Technology Preview

AJAコントロールルームソフトウェア パブリックベータリリース

ファイルベースおよびテープベースのワークフローのためのRS-422によるフレーム精度での正確なVTRのコントロールを含む、取り込みと再生、出力のためのソフトウェア AJAコントロールルームのベータバージョンがリリースされました。Windows版、Mac版がありクロスプラットフォームで使用可能。

AJAコントロールルームソフトウェア パブリックベータリリース

KONA、Io Express、IoXT、Io4KなどAJAの最新のデスクトップI/O製品に対応しApple ProRes、Avid DNxHD、DVCPRO HD、CineForm、DPXなどを含む幅広いコーデックをサポート。非圧縮、圧縮両方のワークフローを運用できます。

また、ベータ版のためバグリポートのフィードバックがWeb上で出来るようになっています。(aja.com)

AJA Video Systems社、AJA Control Roomソフトウェア パブリックベータ版のリリース開始 – プレスリリース – 最新情報 – AJA日本語ウェブサイト 株式会社アスク

Control Room – Software – AJA Video Systems

Telestream社WirecastでHDの複数入力及び4Kのサポートを発表

AJA KONA 3GはTelestream Wirecast 5で最大4つのHD-SDI入力をサポートし、配信のためのソースの切り替えが可能になります。また、Wirecastに4K/Ultra HD入力を提供する最初のビデオカードです。

Telestream社WirecastでHDの複数入力及び4Kのサポート

これらの機能はプラグインとして提供され、Telestream Wirecast 5リリースにより、2013年Q3にすべてのKONA 3Gのユーザーが無償で利用できます。

AJA Announces Support for Multiple Input HD and 4K Feeds to Telestream Wirecast

KUMOルータV3.0ファームウェアアップデートで4Kのサポートを発表

3G/HD/SD-SDIをサポートしているコンパクトなKUMOルータは、このアップデートでデュアルおよびクワッドリンクとしてグルーピング可能になり、4KおよびUltra HDワークフローに対応します。

KUMOはグルーピングで4K対応

AJA Video Systems社、KUMOルーターのファームウェアを4Kサポートのv3.0にアップデート – プレスリリース – 最新情報 – AJA日本語ウェブサイト 株式会社アスク

AJA Announces 4K Support for KUMO Routers With New v3.0 Firmware Update

新しいミニコンバータをリリース

4K2HD 、 V2Digital 、 V2Analog 、HD10A – Plusが追加されました。

4K2HDは4K ( 4096×2160の)とUHD ( 3840×2160 )の入力信号をサポートし、 4K 3G-SDIをダウンコンバートしてHD -SDIとHDMI 1.4に同時に出力します。最新の4K/UHD 50/60fpsの高フレームレートの入力フォーマットをサポートし、HDに25/30fpsとして出力します。

4KカメラのHDモニタリングに最適で、”pixel for pixel” でオリジナルの4K/UHDフレームのセンターを切り出しカメラのフォーカスチェックにも使用できます。米国標準価格$795。

4K2HD

V2DigitalとV2AnalogはHD / SD- SDIとYPbrPr / RGBコンポーネントもしくはコンポジットをサポートし、それぞれアナログビデオをデジタルに、デジタルビデオをアナログに変換します。コンパクトな低消費電力設計で、10ビットの高品質な変換ができます。米国標準価格$345。

V2Analog

HD10A – Plusは、フル帯域幅のコンポーネントHD RGB、RGBSまたはYPbPbrのアナログビデオ入力をデジタルビデオへ変換し、HD/SD -SDIとして3系統出力します。SDモードをサポートし、内部または外部同期入力を備えます。米国標準価格$695。

HD10A-Plus

ミニコンバータには5-20VのユニバーサルDC電源と5年の製品保証が付属します。

AJA Video Systems社、IBC2013 にて新たなミニコンバータを発表 – プレスリリース – 最新情報 – AJA日本語ウェブサイト 株式会社アスク

AJA Releases New Mini-Converters at 2013 IBC

4KからHDにリアルタイムに対象領域を切り出すTruZoomをリリース

TruZoomは4Kフレーム内の任意の16:9のエリアを切り出しリアルタイムに拡大縮小することができます。TruZoomソフトウェアはAJA Corvid UltraのビデオI/Oプラットフォームと外部ジョイスティックコントローラで動作します。スポーツ中継、ライブイベント、オンエアブロードキャストなどに最適です。

TruZoom™


AJA Corvid Ultraは、SDからハイフレームレートの4K(48P、50P、60P)の解像度に対応します。2RUのCorvid Ultraシャーシにテザーケーブル経由で、8レーンのPCIe 2.0インタフェースカードを介してコンピュータに接続します。オンボードディベイアリングを内蔵し、2つの拡張ベイにTruScaleカードを挿入する事で高品位でリアルタイムのスケーリングが実現できます。(TruZoomは少なくとも一つのTruScaleオプションカードが必要)

TruZoomの特長
4KやUltraHDから対象領域を切り出しHDにスケーリング
Corvid UltraとTruScaleによる高品質スケーリング
ハイフレームレート(HFR)と4:4:4ワークフローのサポート
リアルタイムでの動作もしくは非圧縮ファイルのレコーディング
高品質なインスタントリアルタイム再生とインタラクション
全てのパラメーターのキーフレーム化
画面上のインジケータで直感的なインターフェイス
外部ジョイスティックとキーパッドコントローラ
オプションのキヤノンC500用リアルタイムRAW Debayerファームウェア
Windowsが動作する最新のHPワークステーションに対応

Corvid Ultraは米国標準価格$7,995。TruScaleオプションカードは$3,495。外部ジョイスティックコントローラとTruZoomソフトウェアは$9,995。RAW Debayerファームウェアオプションは$1,995。

AJA Video System社、リアルタイム4K切り出しワークフロー TruZoom を発表 – プレスリリース – 最新情報 – AJA日本語ウェブサイト 株式会社アスク

TruZoom™ 4K/UHD Region of Interest selection, Live Scaling and Recording.

 

 

 

 

関連記事はこちら!:

3 Comments

  1. 石河 慎一 (@ishicaw)

    【ブログ】 【IBC 2013】AJA 新製品情報 http://t.co/8DzyQayCJl

  2. 松井幸一

    石河さん、松井です。
    Backward compatibleは後方互換と訳すのが普通です。新しい規格が前の規格を包含するような場合に使いますので、TBとTB2はまさにこの関係です。

  3. ishicaw (Post author)

    松井さん、ご指摘ありがとうございます!出てみないと解らないですが、もしかしたら既存のTBで4K以外はIoXTと同等に使えるかもしれませんね。

コメントを残す