MotionWorks.jp| モーションワークス | Edit / VFX / Grading の情報サイト

CINEMA 4Dのシーンが直接利用できる!Adobe AfterEffects CC レビュー

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Tumblr

Adobe AfterEffects CCにはCINEMA 4D Liteがバンドルされるほか、CINEMA 4Dのシーンファイルを直接読み込み設定するためのCINEWAREエフェクトが追加されます。

Adobe AfterEffects CC レビュー

After Effects CCではC4Dファイル(CINEMA 4Dのシーンファイル)を新規に作成したり、インポートして直接レンダリングができるようになります。コンポジションにシーンファイルを追加すると自動的にCINEWAREエフェクトが適用されます。

C4Dファイル(CINEMA 4Dのシーンファイル)を新規に作成

CINEWARE

CINEWARE Help
ShowをクリックするとCINEMA 4D Liteが起動し、ヘルプが参照されます。日本語のランゲージパックで日本語表示でき、日本語ドキュメントをダウンロードする事でヘルプも日本語化されます。

CINEWARE by MAXON

レンダー設定

レンダラー
レンダリングの設定をSoftware、Standard(Draft)、 Standard(Final)から選択できます。

Softwareは平面グリッドが表示され、 Displayでシェーディング、ワイアーフレーム、ボックス表示に切り替え、高速にプレビューする場合に使用します。

Standard(Draft)、 Standard(Final)は同じCINEMA 4Dのレンダリングエンジンを使用します。Draftの場合、Finalに比べ高速ですが、正確な再現は出来ません。Standard(Final)は最終レンダリング用として使用します。

No Texture/Shader
テクスチャーやシェーディングの表示を無効にします。 レンダー設定でSoftwareでCurrent Shadingか Standard(Draft)を選択している場合しかチェックできません。

No pre-calculation
事前の計算を無効にします。無効にした場合に高速描写できますが、パーティクルや一部のMoGraphの機能、ダイナミクス、クロスのシミュレーションの計算結果が正確ではありません。

Keep Textures in RAM
テクスチャをRAMにキャッシュします。多くの場合、レンダリング時間を短縮できますが、テクスチャを編集した場合、After Effectsの内のRAMとディスクキャッシュを消去するまで更新されません。(編集>キャッシュの消去>すべてのメモリー&ディスクキャッシュ)

Apply to ALL ボタン
全てのCINEMA 4Dのインスタンスに上記を適用する場合、Apply to ALLボタンをクリックします。

プロジェクト設定

カメラの切り替えとCINEMA 4Dのレイヤーの選択が出来ます。

CINEMA 4D Camera
デフォルト設定で、CINEMA 4Dのアクティブなカメラが選択されます。

Select CINEMA 4D Camera
CINEMA 4Dで複数のカメラが設定されている場合、選択する事ができます。

CINEMA 4Dのカメラを選択できる

Centered Comp Camera
AfterEffectの画面のセンターとCINEMA 4Dの原点が一致します。Centered Comp Cameraを選択するとAfterEffectで作成したカメラがセンターにオフセットされた状態で配置されます。AfterEffectの座標軸で作業ができますが、完全な座標軸の一致にはComp Cameraを使用する必要があります。

Comp Camera
AfterEffectのカメラを使用し、AfterEffectで複雑な3Dコンポジションを組む場合に、このオプションを選択します。ただし、以下の理由で座標軸が一致せず手動で入力しなければなりません。

カメラの切り替えにおける注意点

CINEMA 4DとAfterEffectsの座標軸が違います。CINEMA 4Dは原点(0.0.0)が画面の中心であるのに対し、AfterEffectsは画面の左上が原点(0.0.0)です。(新規平面のアンカーポイントと位置を0に戻し回転してみるとわかります。)

AEの座標軸の原点は左上

AfterEffectsでカメラを再配置してみる。

CINEMA 4Dでデフォルトで作られるカメラは、右斜め上45°から中心点を見ています。

CINEMA 4Dでデフォルトで作られるカメラは右斜め上45°

この状態でCINEMA 4D Liteでオブジェクトを配置します。立方体のアイコンをクリックし立方体を追加してみましょう。

CINEMA 4D Liteで立方体オブジェクトを追加

シーンをセーブし、AfterEffectに戻ると更新されています。(CINEWAVEのレンダー設定:Software、プロジェクト設定: CINEMA 4D Camera)

AEに即反映される!

ここにAfterEffectsのカメラを追加します。CINEWAREのカメラ設定がComp Cameraに切り替わり、AfterEffectsのカメラ表示になります。あれ?と思うかもしれません。オブジェクトの配置によっては見えなくなる場合があります。

左上にちょろっと見えているのがオブジェクト

これはバグではありません。前記の原点の問題で、AfterEffectsでは画面の左上が原点(0.0.0)になります。CINEMA 4Dのデフォルトのカメラ位置に合わせてみます。CINEMA 4D Liteでカメラアイコンをクリックし、カメラオブジェクトを追加します。(CINEMA 4Dではフリーのカメラが存在し、ビュアーで見た位置にカメラオブジェクトを生成します。)

そのままカメラオブジェクトを追加

デフォルトのCINEMA 4Dのカメラ位置は以下のようになります。

C4Dのデフォルトのカメラ位置

この位置にAfterEffectsでカメラを再配置します。2ノードカメラを使用しカメラの目標点を0にし、カメラの位置を入力します。(Y軸は逆です。)

AEのカメラ位置を調整して合わせてみる

続いてカメラの設定を合わせます。CINEMA 4D Liteのオブジェクトマネージャーのカメラをクリックし、属性マネージャーに表示されるオブジェクトを選択します。

C4Dのカメラ設定

このカメラ設定にAfterEffectsのカメラ設定を合わせます。

AEのカメラ設定を合わせる

AfterEffectで作成したカメラとCINEMA 4D のシーンを合わす事が出来ます。(同様の操作を後述のExtractを使い、CINEMA 4DのカメラをAfterEffectのカメラに変換する事ができます。)

こんな感じで合います。

ここにAfterEffectsで作成した平面を入れた場合どうなるでしょう?

3Dで配置した場合、以下のように平面の左上が原点(0.0.0)に位置します。平面の位置を(0.0.0)にする事で中心に移動する事ができます。

AEで追加した平面も左上が原点になります。

CINEMA 4D Layers

CINEMA 4Dで設定したレイヤー別にオブジェクトを表示します。例えば手前にオブジェクトを置いて間にAfterEffectsのレイヤーを挟みたい場合などに使用できます。

AfterEffectsでは通常のレイヤー順序が優先されます。Z軸でいくら動かしても平面は手前には出ません。

AfterEffectsでは通常のレイヤー順序が優先

CINEMA 4D Liteのオブジェクトマネージャーでオブジェクトを選択して、右クリック>「新規レイヤーに追加」でレイヤーに追加します。同様に別オブジェクトも新規レイヤーに追加します。

C4Dでレイヤーを別ける

(レイヤーマネージャーで名称、カラーの変更が行えます)

CINEWAVEで表示するレイヤーを選択します。

CINEWAVEで表示するレイヤーを選択

AfterEffectsでレイヤー順序を調整します。

AfterEffectsでレイヤー順序を調整

Apply to ALL ボタン
全てのCINEMA 4Dのインスタンスに適用する場合、Apply to ALLボタンをクリックします。上記のように表示レイヤーを調整している場合、全て同じ設定になります。

マルチパス(リニアワークフロー)

既存のCINEMA 4Dのユーザーに一番メリットのある部分かもしれません。レンダー設定がSoftwareの場合には使用できず Standard(Draft)かStandard(Final)である必要があります。 CINEMA 4D本体でマルチパスの確認を行う場合、チャンネルを指定し一度レンダリングしなければなりませんでした。

CINEMA 4D Multi-Pass
Set Multi-Passで指定したマルチパス画像を表示します。表示される項目以外にも、CINEMA 4Dのレンダリング設定から選択しモーションベクターやデプス等も指定できます。

C4Dのレンダリング設定でマルチパスを指定

デプスの読み込みも可能

Add Image Layers
Add Image Layersはマルチパス画像をAfterEffectsのレイヤーとして追加します。Defined Multi-Passにチェックを入れると、CINEMA 4Dのレンダリング設定から選択したマルチパスのみがイメージレイヤー化します。

オブジェクトバッファを使う場合はオブジェクトにコンポジットタグを追加してIDを指定します。レンダリング設定のマルチパスでオブジェクトバッファを追加し、IDを指定します。このときオブジェクトバッファの名称を変更してください。変更しない場合エラーが出る事があります。

リニアワークフロー

AfterEffectsとCINEMA 4Dでリニアワークフローを行う場合、多少設定が必要です。AfterEffectsのファイル>プロジェクト設定の作業用スペースをsRGBにし、作業用スペースをリニア化にチェックを入れ、色深度を16 bit/チャンネル、もしくは32bit/チャンネル(浮動小数点)に設定します。

AE_リニアワークフロー

CINEMA 4D側の設定は編集>プロジェクト設定のリニアワークフローにチェックを入れセーブします。

CINEMA 4D リニアワークフロー

Comp Camera into CINEMA 4D>Merge
CINEMA 4DにAfterEffectsで作成したカメラを転送します。転送はすぐに実行されシーンが更新し、AEカメラと言う名前で追加されます。アニメーションしている場合、全てのフレームにキーフレームが付けられます。

CINEMA 4D Scene Data>Extract
CINEMA 4DのカメラやライトをAfterEffectsに展開できます。(元に戻す場合は、書き出し>CINEMA 4D Exporterで別のシーンとして保存します。)オブジェクトのNullと属性を書き出す場合はタグ>CINEMA 4Dタグ>外部コンポジットタグを追加します。

外部コンポジットタグでオブジェクトのNullと属性を書き出す

このとき正確に書き出すためには、編集>一般設定>ファイルの「汎用変換用(Melange)にポリゴンを保存」「 汎用変換用(Melange)にアニメーションを保存」にチェックを入れる必要があります。

オブジェクトのNullと属性を書き出せる

CINEMA 4D Lite

Adobe AfterEffects CCにはCINEMA 4D Liteがバンドルされます。Primeから一部機能を省略したエディションです。ポリゴンモデリングの機能は省かれ、デフォーマーの一部は搭載されず、CINEMA 4D Lite自体でレンダリングは出来ませんが、それでも充分に強力です。リリース前に体験版を触ってみる事をお勧めします。

MAXON | 3D FOR THE REAL WORLD: デモ版

CINEMA 4D Lite 機能比較 Toolfarm (pdf)

CINEWARE by MAXON

Adobe AfterEffects Blog(公式)

※ 2013年5月7日 新しいAdobe Creative Cloudが発表されたため、次期バージョンの表記をCCに変更しました。【5/14 更新】
 

関連記事はこちら!:

6 Comments

  1. 石河 慎一 (@ishicaw)

    【ブログ】CINEMA 4D のシーンが直接利用できる!次期バージョンAdobe AfterEffects レビュー http://t.co/OaRThiV3C3

  2. @elecomu

    CINEMA 4Dのシーンが直接利用できる!次期バージョンAdobe AfterEffects レビュー http://t.co/jHvmqMqALZ @ishicawさんから

  3. @hgsmshd

    最近のAEの進化は目覚しいなぁ / “CINEMA 4Dのシーンが直接利用できる!次期バージョンAdobe AfterEffects レビュー | MotionWorks” http://t.co/Mbvae6EPCm

  4. Pingback: 新しいAdobe Creative Cloudまとめ![後編] 注目のビデオ製品! | MotionWorks.JP

  5. @epic_yoshimax

    ちょっと目を通してる 実際動かしたほうが早そうだ。 | CINEMA 4Dのシーンが直接利用できる!Adobe AfterEffects CC レビュー | MotionWorks.JP http://t.co/AgpwEGkXHW

  6. @xxJulexx

    CINEMA 4Dのシーンが直接利用できる!Adobe AfterEffects CC レビュー | MotionWorks.JP https://t.co/4vDjd8Fqsi

コメントを残す