MotionWorks.jp| モーションワークス | Edit / VFX / Grading の情報サイト

Autodesk Smoke 2013 プレリリーストライアル4リリース

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Tumblr

Autodesk Smoke 2013 プレリリーストライアル4がリリースされています。
 
Autodesk Smoke 2013 プレリリーストライアル3のプロジェクトをプレリリーストライアル4のプロジェクトに変換することができます。変換するための詳細な手順については http://area.autodesk.com/forum/autodesk-smoke/smoke-2013/ を訪問し指示に従ってください。プレリリーストライアル4をインストールする前にプレリリーストライアル3をアンインストールすることをお勧めします。
 
Smoke 2013 Trial – Free Trial – Download Smoke Trial – Autodesk
 
新しいAutodesk Smoke 2013 の商用版はまだ開発中です!
 
プレリリーストライアル4で以下の機能が追加されています:
 
クリップの前処理:
・リサイズに関するインポート設定
・LUT
・カメラスペックのオプション
JKLワークフロー
EDLからのマルチアセンブリコンフォーミング
書き出しプリセット
タイムラインFXバーの折りたたみ
パブリッシュツール
AAFのエクスポート
コンフォーム時のVTRキャプチャー
MediaHubのプロジェクトブラウザ
MediaHubのアーカイブブラウザからのアーカイブ/リストア
 
以下はAutodesk Smoke プレリリーストライアル4で改善されました。
 
ソフトウェアの安定性
メニューバー
 
Autodesk Smoke 2013 プレリリーストライアル3では商用版で実装される予定のすべての機能が含まれているわけではありません。最適な再生パフォーマンスを実現するには、メディアストレージの場所(例えば、外部Thunderboltドライブまたは高速なディスクアレイなど)とは別のストレージ・ボリューム/パーティションにAutodesk Smoke プレリリーストライアル3をインストールすることをお勧めします。
 
以下の機能とワークフローはAutodesk Smoke 2013 プレリリーストライアル4では含まれないか、完全には実装されていません。
 
H264のようなロングGOPフォーマットの逆再生
H264の書き出しプロファイルのいくつかはまだ動作しません。
 

 

Autodesk Smoke 2013 PRTの詳細についてはリリースノートを参照してください。
 
http://www.autodesk.com/smoke-help-2013mac
 

プレリリース版の新機能についての日本語の詳細はこちらをご覧ください。
 
AREA JAPAN : Autodesk Smoke 2013 プレリリース版 ドキュメント
 

 

 

 

関連記事はこちら!:

コメントを残す