MotionWorks.jp| モーションワークス | Edit / VFX / Grading の情報サイト

アップル、日本で「Final Cut Server」の販売開始

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Tumblr

アップルは2日からメディアアセット(資産)管理やワークフローを自動化できるサーバソフトウェア「Final Cut Server」の販売を日本で開始しました。

価格は「Final Cut Server 10 クライアント」が¥109,800、「Final Cut Server Unlimited クライアント」が¥219,800となっています。 サーバーソフトウェアは1.8GHz以上のPowerPC G5、Intel Core Duo、Intel Core 2 DuoまたはIntel Xeonプロセッサを搭載したMac(Intel Core Duo、Intel Core 2 Duo、Intel Xeonを推奨)で、クライアントソフトウェアはMacおよびWindowsで動作します。いずれもJava Runtime Environment (JRE) 6 以降が必須となっています。

Final Cut Serverは、指定したネットワーク上のドライブ等のフォルダやディレクトリを自動でスキャンし、デジタルアセットのカタログ作成が可能で、参照プロキシ、サムネイル、ポスターフレームを同時に作成することができます。様々なファイルフォーマットのサポートしており、Final Cut Studioアプリケーションのみならず、iWorkアプリケーション、その他の文書フォーマットのカタログ化も行います。また、Compressorによるマルチフォーマット出力に対応し最高の画質を維持しながら、さまざまなエンコード処理、サイズ変更、リタイミングを同時に実行します。コラボレーションツールを使い、バージョン管理やチェックイン/チェックアウトの管理もスムーズに行うことができます。

関連記事はこちら!:

コメントを残す