MotionWorks.jp| モーションワークス | Edit / VFX / Grading の情報サイト

FCP X 使用可能OpenCL対応グラフィックカード

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Tumblr


Final Cut Pro Xを使用する場合の必須条件として、OpenCL対応?256 MB VRAMが必須条件になっています。(Snow Leopard)

 

必須条件を満たしていないグラフィックカード(Apple公式)

OpenCL対応のカード一覧 (Apple公式)

 

古いMacの場合グラフィックカードの交換、または本体の交換が必要になるかもしれません。アプリケーションでCUDAを使う場合はNVIDIA、必要ない場合はATIといった感じです。

その他ビデオアプリケーションでは…

アドビ製品はGPUアクセラレーションを使う場合NVIDIAグラフィックカードが必要になります。
GeForce GTX 285、Quadro 4000、Quadro FX4800(CUDAを使用)

AVIDではNVIDIAカードを推奨しています。

Autodesk SmokeではNVidia Quadro もしくは Quadro FX シリーズ、ATI(AMD) Radeon HD シリーズ、NVidia GeForce GT シリーズ(CUDAを使用)

関連記事はこちら!:

コメントを残す